Automate音 / Automate-ON

音を正弦波などの波形の組み合わせによらずに作りだしたかった。同時に、その音は永遠に変化してほしかった。Automate-ONは、定めた単純なルールに基づき音の波形を複雑に変化させていく原理である。一定区間波形データの各要素は1、0、-1の3つの値に離散化した振幅値を持つ。各要素は、1次元セル・オートマンのように、隣り合うデータの振幅値と自身の振幅値から定められたルールに従って、次の振幅値が決定される。これにより周期性のないカオスを引き出すことを意図した。1次元セル・オートマンは0と1の2値により8通りのパターンとなる一方で、ここでは、27通りのパターンが形成される。同様に、要素の取りうる値の幅を拡張することにより、より複雑な音の変化が展開されることが期待される。 I hoped to create a sound using a new technique, rather than by a combination of waveforms, such as a sinusoidal wave. In addition, I also wanted the sound to continue to change eternally. Automate-ON is based on the principle of a complex change in sound waveforms based on a predetermined simple rule. Each element of waveform data in a certain interval has an amplitude discretized as 1, 0, or -1. For individual elements, the next amplitude is determined based on a rule established using the amplitudes of neighboring data and that of the element, as done in one-dimensional cellular automaton. For example, when the amplitudes of the element and those to its left and right are 0, 1, and -1, respectively, the amplitude of the next element will be 1. This rule is intended to produce chaos with no periodicity. Using one-dimensional cellular automaton, 8 patterns are available using 2 values (0 and 1), while the new method allows 27 patterns to be formed.

source code for processing

 

Copyright (C) 2017 Jun Fujiki