experience 

研究業績

 
 
国際学術雑誌

  1. Jun Fujiki,Kiyoshi Tomimatsu,“Prototype of software-toy "Hyper-Paint"”,International Journal of Asia Digital Art and Design vol5,pp.10-15,2006
  2. Jun Fujiki,Kiyoshi Tomimatsu,“Design algorithm of "theStrings - string dance with sound"”,International Journal of Asia Digital Art and Design vol2,pp.11-16,2005
国内学術雑誌

  1. 藤木 淳, "メディアデッサンに向けて", 映像情報メディア学会誌 2012年7月号「メディアアート紀行」, 2012
  2. 藤木 淳, 大和田 茂, "inPossible:1人称視点と3人称視点の空間認識の違いによる違和感を知覚させるディジタルコンテンツ", 映像情報メディア学会誌 Vol.63, No. 2, pp.152-155, 2009(招待論文)
  3. 藤木 淳,牛尼 剛聡,富松 潔,"2次元動画像に対する3次元解釈の視知覚特性を利用したインタラクショブだまし絵", 情報処理学会論文誌 Vol.48, No.12, pp.3765-3771, 2007年
  4. 藤木 淳,牛尼 剛聡,富松 潔,"3次元ブロックベースドモデリングソフトウェアにおけるだまし絵表現を用いたユーザインタフェース", 日本バーチャルリアリティー学会論文誌 第12巻 第3号,pp.239-246,2007年,10月
  5. 藤木 淳,富松 潔,“theStrings the Collection-音から創る動きとカタチの表現-”,芸術科学会論文誌 第4巻 第4号,pp.128-134,2005年,12月
国際発表

  1. Jun Fujiki, "OLE Coordinate System",,ACM SIGGRAPH2009, Real Time Live, August, 2009
  2. Jun Fujiki,Taketoshi Ushiama,Reiji Tsuruno,Kiyoshi Tomimatsu,"Constellation: A Cognitive Morphing Point-based Animation",ACM SIGGRAPH2008, August, 2008
  3. Shigeru Owada and Jun Fujiki “DynaFusion: A Modeling System for Interactive Impossible Objects”, Proc. ACM NPAR '08, pp.65-68
  4. Shigeru Owada and Jun Fujiki “PanoFusion: Stereoscopic Panoramic Viewing System for View-Dependent Impossible Objects”, Proc. ACM NPAR Posters (2008)
  5. Jun Fujiki,Taketoshi Ushiama,Kiyoshi Tomimatsu, "Interactive Optical Illusion - An Optical Illusion Expression with Character's Motion and an Algorithm for it", 2008 ASIAGRAPH In Shanghai, pp.25-30, June, 2008, Shanghai
  6. Jun Fujiki,Taketoshi Ushiama,Kiyoshi Tomimatsu,"A View-Oriented Interface for Block-Based Modeling", ACM SIGGRAPH2006, July, 2006
  7. Jun Fujiki,Taketoshi Ushiama,Kiyoshi Tomimatsu,"Incompatible BLOCK: Wonders Accompanied Interface", ACM SIGCHI2006, April, 2006
  8. Jun Fujiki,Kyoko Murakami,Reiji Tsuruno,Kiyoshi Tomimatsu, "Path Tracing in Volumetric Space Using Stored Irradiance", International Workshop on Advanced Image Technology,2006
  9. Jun Fujiki,Kyoko Murakami,Reiji Tsuruno,Kiyoshi Tomimatsu,"The Acceleration of Path Tracing With Converted Polygons To Volume Data",Asia Digital Art and Design Association,pp110-111,2005
  10. Jun Fujiki,Taketoshi Ushiama,Kiyoshi Tomimatsu,"Interface with mystery for 3D modeling", Asia Digital Art and Design Association,pp26-27,2005
  11. Jun Fujiki,Kiyoshi Tomimatsu,"Hyper-Paint:A possible software-toy",ACM SIGGRAPH2005, August, 2005(SRC入選)
  12. Jun Fujiki,Kiyoshi Tomimatsu,,"The design of the algorithm to generate a movement and a shape by the sound from "theStrings - string dance with sound"",Asia Digital Art and Design Association,pp.106-107,2004
国際作品解説

  1. Jun Fujiki, Shigeru Owada, "theRelativity", ACM SIGGRAPH ASIA 2008 Art Gallery, December, 2008
  2. Jun Fujiki, Shigeru Owada, "theRelativity", 2008 ASIAGRAPH In Shanghai, Entertainment Science & Digital Gallery, June, 2008, Shanghai
  3. Jun Fujiki,Taketoshi Ushiama,Kiyoshi Tomimatsu,"OLE Coordinate System", ACM SIGGRAPH2007 Art Gallery, August, 2006
  4. Jun Fujiki,Taketoshi Ushiama,Kiyoshi Tomimatsu,"Invisible Shape: Subjective Surface", 8th International Symposium, Smart Graphics2007, pp.235-236, June, 2007
  5. Jun Fujiki,Taketoshi Ushiama,Kiyoshi Tomimatsu,"Incompatible BLOCK: Wonders Accompanied Interface", ACM SIGGRAPH2006 Emerging Technologies, July, 2006
  6. Jun Fujiki,Kiyoshi Tomimatsu,"theStrings",Asia Digital Art and Design Association,pp144-145,2004
国内シンポジウム

  1. 藤木 淳,大和田 茂,“theRelativity: 一人称視点と三人称視点の見え方の違いを互いに反映するだまし絵表現技法”,第4回デジタルコンテンツシンポジウム, 2008年, 6月, CD-ROM(第4回デジタルコンテンツシンポジウム船井賞)
  2. 藤木 淳,牛尼 剛聡,富松 潔,“Constellation: 点群アニメーションによるによる認知モーフィング”,エンタテインメント コンピューティング2007,pp217-218,2007,3月(ベストデモンストレーション賞)
  3. 藤木 淳,牛尼 剛聡,富松 潔,“OLE Coordinate System: インタラクティブだまし絵”,情報処理学会インタラクション2007,2007年,3月(ベストインタラティブ発表賞)
  4. 藤木 淳,牛尼 剛聡,富松 潔,“Interactive Illusion”,ヒューマンインタフェースシンポジウム2006,2006年,9月
  5. 藤木 淳,牛尼 剛聡,富松 潔,“Incompatible BLOCK: 不思議さの伴うインタフェース”,情報処理学会インタラクション2006,pp.213-214,2006年,3月
  6. 藤木 淳,富松 潔,“積み木と塗り絵を融合させたソフトウェア玩具の試作”,ヒューマンインタフェースシンポジウム2005 論文集2,pp.743-746,2005年,9月
  7. 藤木 淳,富松 潔,“『はいぱーぺいんと』の作成”,情報処理学会インタラクション2005,pp.71-72,2005年,2月
国内研究会

  1. 藤木 淳,“不透明平面素材の部分除去による透明度表現のための2値化手法の検討と検証”,情報処理学会第154回グラフィクスとCAD研究会 情報処理学会研究報告, 2月
  2. 大和田 茂, 藤木 淳 「アート表現としての不可能物体立体視」映像情報メディア学会技術報告,32(14),pp.43-46, ISSN 1342-6893, 2008年3月
  3. 大和田 茂, 藤木 淳 「非一貫的シーンの立体視における変形効果の曖昧化への試み」映像情報メディア学会技術報告,32(27),pp.21-24, ISSN 
    1342-6893, 2008年6月
  4. 藤木 淳,牛尼 剛聡,富松 潔,“インタラクティブだまし絵表現の提案と実装”,情報処理学会第125回グラフィクスとCAD研究会 情報処理学会研究報告,pp.31-36,2006年,11月(優秀研究発表賞、山下記念研究賞)
  5. 藤木 淳,富松 潔,“不思議さの伴うインタフェースの可能性”,情報処理学会第116回ヒューマンインタフェース研究会 情報処理学会研究報告,pp.77-82,2005年,11月
全国大会

  1. 大和田 茂, 藤木 淳 「法線情報のみを用いたパーティクルシミュレーションのデザイン」,WISS 2009, 2008年,11月
  2. 藤木 淳,大和田 茂,“Outliner: 3次元世界と2次元世界が融合する表現技法の開発”,WISS 2008, pp.115-116,2008年,11月
  3. 藤木 淳,富松 潔,“落書き風レンダリング技法”,日本デザイン学会,pp.148-149,2005年,6月
  4. 藤木 淳,富松 潔,“「theStrins 音と踊る曲管遊戯」の制作ー音からつくる形と動きの表現”,芸術工学会,pp.68-69,2004年,9月
  5. 藤木 淳,大屋 努,細谷 多聞,“仮想空間における3次元アプリケーションの設定と制作”,日本デザイン学会,pp.298-299,2000年,10月
  6. 大屋 努,藤木 淳,細谷 多聞,“三線式入力装置の設計と制作”,日本デザイン学会,pp.300-301、2000年,10月
  7. 細谷 多聞,藤木 淳,大屋 努,“電子技術による動的造形表現の教育的効用”,日本デザイン学会、pp.296-297,2000年,10月
国内作品解説

  1. 藤木 淳,"Incompatible BLOCK",エンタテインメントコンピューティング2006,2006年,9月
  2. 藤木 淳,富松 潔,“theStrings the Collection-音から創る動きとカタチの表現-”,第3回 Diva芸術科学会展作品解説集,pp.57-58,2005年,6月