space warping

例えば、手先から足先までの、体の側面に沿う線上に、法線方向の向きに複数の極小カメラが付いているとする。腕や脚を動かすとグルーバル空間では、当然、腕と脚の位置は更新されるが、全体の空間は固定されたまま。一方で、これを先の複数のカメラから見た場合、変形しているのは、それぞれの部位でなく、むしろ空間のように見える。この関係をグルーバル空間で行うと、どのような視覚(知覚)効果が得られるだろうか、という実験。

 

 

Copyright (C) 2015 Jun Fujiki